安部Ohji

安部Ohji Bass

1957年10月31日広島県尾道市生まれ

 

高校卒業後、うじきつよしの「子供ばんど」に参加、ライブ活動があまりにも忙しく、スタジオワークを勉強したいがために脱退。アイドル系バンドのBoy’s Clubで活動中に高校の後輩である、KONTAに再会。彼といまみちともたか、2人のバンド、BARBEE BOYSに参加、1stの録音だけ手伝って、メジャーデビューを前にプロデュースワークに専念するため脱退。

以後、ベーシスト、音楽プロデューサー、アレンジャーとして多方面で活躍。PSY・S、大沢誉志幸、プリンセス プリンセス、ZABADAK、ZELDA、安藤秀樹、THE 東南西北、宮原芽映、川村カオリ、サロン・ミュージック、平山三紀、宮村優子、細川ふみえなどの作品を手がけた。

ライブはPSY・Sのライブをサポートするバンド、Live PSY・Sを中心に行っていたものの、徐々に大会場での聴衆一人一人とコミュニケーションできない活動に疑問を抱くようになる。

 

40代には昼夜逆転生活での飲酒が止まらず、アルコール依存症を中心とした病気、転落事故で活動を停止。

21世紀に入って元シュガー・ベイブの村松邦男とのバンド、R・O・M・Aで、作詞・作曲・ベース・ヴォーカルを担当。初めて歌うリード・ヴォーカルに死にかけた経験を織り込むことで独特の世界を展開するも、度重なるガン治療でアルバム制作を中断することが多かった。

その後は窪田晴男、有近真澄、矢壁アツノブ、小滝満とのバンド、nombresを中心に活動しており、ガン手術で声帯を摘出した為ヴォーカルは担当できなくなってしまったが、「島へ行くボート」での活動を始めて、これからが正念場と気合を入れている

Yonafy

ヨナフィ Vo、Guitar

1963年6月19日、沖縄県宮古島市生まれ。
上京後、1996年にアコースティック・ポップデュオ、ホモサピエンス・サピエンス(のちにホモサピ)で、Pi RecordsよりCDデビュー。
ライブやレコーディング活動のほか、CM、映画、アニメなど映像作品の音楽も手掛ける。
2008年にはリーダーバンドとなる、大なり><小なりを結成。
アルバムのプロデューサーであった安部OHJIと意気投合し、
ストレンジなポップミュージックを追求すべく、島へ行くボートを結成する。
好きな食べ物:カレー、アップルパイ。

 

小澤亜子

小澤亜子 Percussion/Vo

2月16日生まれ、東京出身

元ZELDAのドラマー、作曲家。
小泉今日子の「学園天国」等に、野村義男、渡辺英樹らと参加。フリッパーズギターのツアーサポート、スペースシャワーのVJ等、多方面に音楽制作に参加。
一時活動休止をしていたが復活。
現在は「島へ行くボート」「新●月プロジェクト」「島キクジロウ&No Nukes Rights」でパーカッションとヴォーカル(島ボー)、コーラスを担当。
他、レコーディングや色々なユニットでのライブ活動を行う。

 

内藤 朗

内藤 朗 Key board

196X年8月生まれ 埼玉出身。
ある時はシンセサイザープログラマー、またある時はサウンドクリエーターとして、JAFのキャンペーンソング、某国営放送局のテーマ曲、BGM、ジングル制作などの作編曲からレコーディング制作、ライブ演奏など多岐に渡る分野で活動中のキーボーディスト。
音楽制作系のライターとしても広く知られており、月刊誌サウンドデザイナーを始め、ウェブのポータルサイトなどで音楽制作に関する幅広いテーマのコンテンツを執筆中。

Hackai

Hackai(ハッカイ) Guitar Bouzouki Vo

本名:渡邉博海

1964年1月 福島県生まれ

生まれ 日本インディーズの夜明けとも言うべく、テクノ・パンク・バンド、有頂天のギタリストとしデビュー。 有頂天を脱退後、CM音楽制作、環境音楽制作、バンド・プロデュース、アレンジ、作曲、演奏、ミックス等の音楽活動の一方、音楽雑誌などでの執筆活動も行う。著書多数。

アジア、アラブ、アイリッシュなどの民族音楽に対しての造詣も深く、無国籍ジプシー・バンドSharkiRoma(http://sharkiroma.com)では、アラブの弦楽器ウード、ブズーキ等プレイ。

動物、自然好き。料理が楽器よりも得意という話も。
無類の猫好き。

オフィシャル・サイト『食欲のアイマイな対象』 http://hackai.net